「料理男子」の真相に迫る

近年よく耳にする言葉、それが「料理男子」です。
聴き慣れてしまってなんの違和感もないのですが、料理とは暮らしの中に根付いた行動のはず。掃除をすることや、洗濯をすること同じ家事のひとつなのに何故『男子』が付くのか。
今回はその謎に迫っていきたいと思います。
ミステリーハンターはいつも通り涅槃の今日一です。
それでは今週もイッテQ!


番組変わちゃってる・・・

料理をする男性は珍しいのか?

最近は料理をする男性も増えている。
とあるサイトの調査では「週1回以上料理をする男性」は78%となっている。

※『オリーブオイルをひとまわし』調べ

どこまでを「料理」とするかは置いといても「料理をする男性」自体は増えていると考えて間違いなさそうですね。

インスタグラムのハッシュタグで検索すると

#料理男子が95.1万件に対し、#料理女子は14.4件。

#男の料理が51万件に対し、#料理女子は100件程度。

全然違いますね。

結婚後は女性が料理をする傾向にある

最近は料理をする男性も増えてきているというデータを見た後だが、こちらは結婚後に料理を分担する夫婦の割合を示したデータです。


“共働き夫婦”に限定したアンケートでもなんと74.8%が”ほとんど妻・妻が多め”だと回答してる。
理由を見ると、

「得意な方がやる」「時間のある方がやる」「先に帰った方がやる」「先に気付いた方がやる」など、それぞれのライフスタイル、その時々の状況に合わせて上手に分担するカップルが増えているようです。

と書いてあるが、料理は朝でも夜中でもできるはず。

Twitterでのアンケートもほぼ同じような結果となりました。

昔から料理は女性が担当していた?

古来より女性が料理をするという風習はあった。一説によると200万年前には火を使い料理をしていたとされている。

その後、身体的な理由で狩りをするのは男性で、料理や家事をするのが女性の仕事と分かれていったと考えられる。※9,000年程前の北南米大陸では女性のハンターもいたという論文は発表されてます。
だが2020年にもなって自分で狩りをして自給自足の生活を送る家庭は多くはない。
そんな中で今日も女性が料理を行うことが”当たり前”だという風潮を社会が強要しているのだ。
僕の小さな頃は地域のお葬式では女性が料理を作り、男性はお酒を飲んでワイワイ騒いでいた。これは新年やお盆の親族の集まりでも同じ。女性はせっせと料理を作り、男性はお酒を飲んであぐらをかいてワイワイ騒ぐ。今思い返すとこんな不公平なことはない。

「花嫁修行」と「花婿修行」

花嫁修行とは女性が結婚前に家事のスキルを身に着けること。それに対し花婿修行というのはまだ一般的な言葉ではない。女性は花嫁になる為に修行をする必要があるが、男性は無条件で花婿になれる。ここにも男女間の不平等が見えてくる。

2013年に20代、30代男性に対して行われた理想の彼女に関する調査で、「料理・お菓子作り」を趣味とする女性が理想と回答した人は69%にも及んでいる。

出典:https://www.lisalisa50.com/research20131015_5.html


これだけ飲食店やスイーツ店が溢れた現代で、「まだ女性に作らせようとするのか」と言いたくなる内容です。

その他ツッコミどころの多いアンケート結果ですがとりあえず無視します。。。

実は女性料理人は少ない

著名な料理人は男性が多いです。毎日家庭で無償で料理を作る女性と、料理を作れば金銭を得られる男性。料理の世界は男社会です。厳しい修行や長時間労働を強いられる可能性が高く、雇用主も男性を重宝するという傾向にあります。ここにも男尊女卑社会の影響が現れています。

ちなみに僕もベトナムに来て初めて「女性寿司職人」と出会いました。
もちろん日本にも女性寿司職人はいますが、まだまだ少ないです。

男性は料理が苦手は嘘!?

こうなるともはや男性が料理を苦手としているのは”料理をしてこなかったこと”と”潜在的に女性に甘えている”という理由が大きいと思う。もちろんプロとして一流のシェフになる人と比べるのも違和感はあるが、それでも家庭で美味しく食べれるレベルの料理は、ある程度の努力と慣れで作れるはず。結婚したら料理は女性が作ってくれるという勝手な妄想から料理を怠っている可能性すらある。というか絶対そう!

最後に

料理をする男性が少ない中で、「料理をする男性はモテる」という流れを否定する気もないですが、モテなくても”料理をすることは生きていく為に必要な行為”です。
性別に関係なく「料理をすることは人として当たり前の行為」とう風潮を強めていけば、少なくとも今よりは男性が女性に料理を押し付けられる機会は減ると思います。
その為には、既に当たり前のように料理をしている男性から同じ男性に向け、「当たり前のことをしているだけ」というメッセージを送り続けるしかないと感じてます。
だから、”料理男子”なんて当たり前の言葉使うのもうやめませんか?

これを読んだ男性の中で「よし、積極的に料理してみよう!」という方や、「料理するけど料理男子なんて言わなくても男性が料理するのは当たり前」という方が一人でも増えれば嬉しいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました